2020年11月18日水曜日

アルミと鉄の溶接

たまに聞かれること「アルミと鉄は溶接できますか?」

どうなんでしょう⁉理屈で言えばアルミは交流溶接、鉄は直流溶接でしますので溶接方法自体が同じではありません。
ガス溶接だったら?
アルミと鉄の熱伝導率の違いがあり、二つの違った材料がうまく溶融する温度を見つけるのは恐らく非常に難しいかなと⁉ もしかしらた溶接というより溶着←とりあえずくっ付いているだけ程度ってのはあるかもしれませんが。 で、たまにこんな事例があります...


 アルミを鉄の溶接棒で溶接しようとしたのでしょうが、当たり前ですができなかったパターンの修理品
...( ̄▽ ̄;)
で...その修理品がうちに来る(笑)


チャレンジ精神は評価しますが、アーク棒が溶けたのだけがくっ付いてます。奇跡的に溶着している部分もありますがハンマーで軽く叩いたら外れました(笑)


もちろんこの状態のままで溶接は出来ませんので、鉄の付着物を取りキレイに掃除して溶接ですが、アルミ溶接の時間より、その前の掃除の時間のほうがかなりかかりました(^^;)

アルミ製品のアルミ溶接修理はアルミでやりましょう (^^;)
もしくは最初から
須山鉄工
 (^^)


この前の日曜日は中学の同級生でプチ旅行


大分の佐賀関から愛媛の三崎港までフェリーで行き


しらす丼を (^^)


そして鮑も!!←さすがにこれは4人で一つをシェアですが(笑)


そしてお約束のビールも‼

国道九四フェリー三崎港着船場から徒歩でも行ける距離にあるしらす食堂 はなはな さんで食べました

仲のいい地元の同級生達とワイワイガヤガヤのプチ旅行楽しかったです(^^)


アルミ溶接・アルミ溶接修理・アルミ製品加工・溶接は須山鉄工におまかせください!
アルミ溶接・アルミ製品製作・アルミTIG溶接

問い合わせ先 株式会社 須山鉄工
福岡県うきは市浮羽町高見1407-1
TEL 0943-77-7682
FAX 0943-77-7726

メール info@yo-setuman.com
ホームページ  http://www.yo-setuman.com/

あなたの仕事や生活に、必要な何かがあればぜひご連絡下さい。

2020年11月17日火曜日

壁付け手摺りの材料

急ぎでのお仕事依頼ってのがたまにあります。

規格品の鋼材使用や、近くに加工屋さんがあり一次加工をタイミングよくやって頂ける場合はいいのですが、それが出来ない場合はいろんな方法を使い製作する場合も⁉


壁付け手摺りの製作。
この手摺りのパーツは手摺り部分の笠木→これは直ぐに仕入れられます。

手摺りからベースに溶接する丸棒


この部分は在庫で持ってた丸鋼の曲げ部品を切って代用しました。
この部品は溝フタの落とし込み取っ手なんかに使い、結構あったら便利な部品なんです
(^^)


そして取付部分になるベース板は


ホールソーで穴抜きした板

本来ならレーザー切で造るのですが、タイミング悪ければ時間が実働で7日ほどかかる時もあります。
この製作方法だと地味に時間はかかりますがそれでも早いので...と言うか...実はこの材料を発注するのを忘れていたってのがオチ
...( ̄▽ ̄;)

材料発注を忘れていてもどうにかするのが鉄工所です(笑)


お気に入りのカーペンターパンツ


普段でもこの手のジーンズは好きですがお仕事で着るのも好きです。

膝のところが2枚構造になっててタフさもあり、ちょっとユッタリなので動きやすい。
そもそもジーンズって作業用でつくられたのが始まりなので、鉄工所の作業着としてもアリだと思います(^^)

いろいろなオーダーメイドの製品や、アルミ溶接・ステンレス溶接・溶接修理は、須山鉄工におまかせください!
 アルミ溶接・アルミ製品製作・アルミTIG溶接 

問い合わせ先 株式会社 須山鉄工
福岡県うきは市浮羽町高見1407-1
TEL 0943-77-7682
FAX 0943-77-7726

メール info@yo-setuman.com
ホームページ  http://www.yo-setuman.com/

あなたの仕事や生活に、必要な何かがあればぜひご連絡下さい。

2020年11月14日土曜日

アルミ鋳造品の溶接肉盛り

アルミ鋳造カバーの欠けを肉盛り


穴も肉盛りで潰してしまいあとからキリ入れればいいかな思いましたが


あとから穴加工するのも面倒だったので、同じ穴径のキリを差込溶接肉盛り(笑)


鉄とアルミは溶接できないを逆手に使った技です。 上手くいきました (^^)




いろいろなオーダーメイドの製品や、アルミ溶接・ステンレス溶接・溶接修理は、須山鉄工におまかせください!
 アルミ溶接・アルミ製品製作・アルミTIG溶接 

問い合わせ先 株式会社 須山鉄工
福岡県うきは市浮羽町高見1407-1
TEL 0943-77-7682
FAX 0943-77-7726

メール info@yo-setuman.com
ホームページ  http://www.yo-setuman.com/

あなたの仕事や生活に、必要な何かがあればぜひご連絡下さい。

2020年11月12日木曜日

溶融亜鉛メッキ鋼製点検用通路

亜鉛メッキは高温で溶かした亜鉛に鋼材を浸して、表面に錆や腐食に強い亜鉛の被膜を形成加工技術です。
通称 ドブ漬けメッキ どぶっと漬けるメッキだからか⁉( ̄▽ ̄;)

機械設備周りで点検する時に、配管をまた越す通路を鋼板で製作しました♪
設置場所が野外なのでドブ漬けメッキで表面仕上げです。


こんなタイプも


シルバー色にイエローって映えますね (^^)

溶融亜鉛メッキの加工は㎏での単価計算です。
しかし全国でこの㎏単価がかなり違うってことが、SNSつながりの同業者さんからのコメントで判明。
関東から関西は「えっ‼」っと思うくらい高くびっくり。なぜか九州はかなり結構安い方でした (^^;)

今年も実働で考えるとあと40日ってところでしょうか?
懸念してた不況の影響も今のところはそうなく、一年を通してお仕事が続いてきた感じだったと思います(忙しくもないが笑)。


今年いっぱいのお仕事は確保してますが、来年はどうなることかと少し不安はあります。
しかしこうやってブログ等で情報発信し続けてれば、どなたかの必要な何かの検索につながっていくと思ってます。
そして来年はホームページを更新する年です。
もっと面白く楽しく鉄工業の魅力に触れれるサイトを製作してみようと思ってます(^^)

乞うご期待下さい!!


いろいろなオーダーメイドの製品や、アルミ溶接・ステンレス溶接・溶接修理は、須山鉄工におまかせください!
 アルミ溶接・アルミ製品製作・アルミTIG溶接 

問い合わせ先 株式会社 須山鉄工
福岡県うきは市浮羽町高見1407-1
TEL 0943-77-7682
FAX 0943-77-7726
メール info@yo-setuman.com
ホームページ  http://www.yo-setuman.com/

あなたの仕事や生活に、必要な何かがあればぜひご連絡下さい。

2020年11月11日水曜日

アルミ溶接修理

農業・造園・林業のお仕事をしてる方が多い地域なので、その中で使われるアルミ製道具の修理仕事が毎日のようにきます

ほとんどが年数劣化での割れ。

梯子の足載せ部分です。


ぐるりと  アルミ溶接  (^^)


これもアルミ三脚の足載せ部分


ぐるりと  アルミ溶接  (^^)
アルミに限らず金属は溶接して修理すればまた使えるってのが利点ですね。
修理費用が高いなら買い替えてもいいのでしょうが、うちの修理費用は上の写真などの製品だと、ほとんど1ヶ所1000円~2000円くらいです。
もし何かありましたらご連絡下さい

高卒でこの世界に入り、最初にやったのがアルミ溶接でした。
難しいかどうかなんんて全く分からなく、とにかくやり続けてました。
もう三十年以上(最近はおろそかですが...笑)やってるから、あまり考えなくてもこのくらいの修理仕事だったらパッと出来ます。←多分無意識に考えてるかな⁉(^^;)

若い時に鍛えてくれた叔父に感謝です。

HAMILTON カーキメカフィールド
8年前に友人の結婚式で沖縄に行った時に免税店で買いました。
しばらく使わない時期がありましたが、半年前くらいにオーバーホールして、ガチのワーク用時計として使用。


ミリタリータイプの時計なのでうちみたいな仕事には合いますね。
軍手にもバッチグーです (^^)


アルミ三脚溶接修理・アルミ製品溶接・アルミ溶接修理は、須山鉄工におまかせください!
アルミ溶接・アルミ製品製作・アルミTIG溶接

問い合わせ先 株式会社 須山鉄工
福岡県うきは市浮羽町高見1407-1
TEL 0943-77-7682
FAX 0943-77-7726
メール info@yo-setuman.com
ホームページ  http://www.yo-setuman.com/

あなたの仕事や生活に、必要な何かがあればぜひご連絡下さい。

2020年11月10日火曜日

サイクロン交換工事in製材所

うきは市と近隣地域は木材産業が盛んなことから、市内には製材所が多くあります♪
そのうちの何社かとはお取引があり、工場内の機械溶接修理やお仕事で使う機械や道具などの製作などと、いろいろとお仕事の依頼が多いのです
(^^)

先週の土曜日は集塵設備サイクロンの架台設置と交換工事をしました。

製品は500㎏とかなりの重量。それに合う架台をアングル鋼65×65×6mmで製作しました。


高さ2.4mで1.8m×1.8mの枠です。
ブレを少しでも抑えるためにアングルでのブレースを4面全てに入れてます。
既存のいくつかある架台はサイクロンが小さいからか結構小さな材料で、しかも筋交いもほとんどなし、建築工事をやっている経験があるなら必ずこういった構造にするのですが、製材所関連お仕事をされている加工屋さん、その辺りはあまりこだわってないのかな⁉(^^;)


架台・サイクロンが座ってもそこそこの重量なので、揺れが極力出ないよう既存の架台へ鋼材を溶接し補強。
弊社の工場内ではあまり溶接してませんが,こんな場所での溶接はなんとなく見せ場‼って感じになり
 私が率先して溶接してます♪ 
しかしなかなかいい写真(笑)


休憩室にガーベラのクレパス画を飾ってます。


ずいぶん昔に買ったのですが、いまでもなかなかのお気に入りです(^^)
が…従業員さんは無反応...( ̄▽ ̄;)

事務所の方へ移動しようか考え中~(笑)


男性に好きな花は?って聞くと【ガーベラ】って答える率かなり高いと以前聞いたことあります。確かに僕も好きな花ですよ (^^)



いろいろなオーダーメイドの製品や、アルミ溶接・ステンレス溶接・溶接修理は、須山鉄工におまかせください!


アルミ溶接・アルミ製品製作・アルミTIG溶接

問い合わせ先 株式会社 須山鉄工
福岡県うきは市浮羽町高見1407-1


TEL 0943-77-7682
FAX 0943-77-7726

メール info@yo-setuman.com
ホームページ  http://www.yo-setuman.com/

あなたの仕事や生活に、必要な何かがあればぜひご連絡下さい。

2020年11月8日日曜日

アルミ溶接

アルミ溶接でGoogle検索をすると、うちの会社はなかなか出てこないのですが、アルミ溶接福岡で検索すると、だいたいトップページの一番上にあります(^^)

が、この前検索すると「福岡でアルミ加工をさがすなら‼腕のたつアルミ加工メーカー5選」とのサイトが1番上に( ̄□ ̄;)
どんな凄腕の会社なんだろうと興味深々で見てみると...うちの会社の宣伝してくれてるし(笑)
しかもメリットデメリットとかも書かれてるし(笑)(笑)(笑)‼


この会社を通さなくてもお仕事は受けますので直接ご連絡下さい(= ̄∇ ̄=) 


でもホントネットでのお問合せからのお仕事は多くなってきてます

特にアルミ溶接での修理や加工の依頼が


バイクレバー取付部分の割れ溶接 ← 小さく細くなにげに難しい...( ̄▽ ̄;)


アルミ製モーターカバーの割れ溶接修理 ← これは慣れたものです(^^)


アルミボート亀裂溶接 ← 底面が多いので溶接姿勢が毎回ビミョウ~(^^;)


消防車サイドステップの交換 → 大人になってもこんな車輛は大好き面白いお仕事でした

アルミ溶接や加工の依頼、持ち込みも大丈夫ですし、遠方の方は事前打ち合わせの上で発送対応もしております(^^)

お気軽にご連絡下さい。

いろいろなオーダーメイドの製品や、アルミ溶接・ステンレス溶接・溶接修理は、須山鉄工におまかせください!
アルミ溶接・アルミ製品製作・アルミTIG溶接

問い合わせ先 株式会社 須山鉄工
福岡県うきは市浮羽町高見1407-1
TEL 0943-77-7682
FAX 0943-77-7726

メール info@yo-setuman.com
ホームページ  http://www.yo-setuman.com/

あなたの仕事や生活に、必要な何かがあればぜひご連絡下さい。